水漏れやつまりが起こったときの対処法は?

水漏れやつまりが行った場合はやみくもに修理使用としてはいけません。原因を特定してから対処しないと被害を悪化させることになりかねません。とはいえ、排水口の上から眺めているだけでは何も情報を得られないので注意しましょう。下のスペースを開いて配管に問題がないか確認してください。

配管をチェックする際のポイントはパイプとパイプの境界部分です。他の部分で水漏れやつまりがある場合でも水が滲み出ているケースがあります。その場合は配管内の広い範囲にわたって汚れが付着している可能性が高いです。全体的に水が通りににくくなっており、そのため水圧が高くなっている状態であることが疑われます。

すなわち、完全につまり切る前に水漏れが発生している状況ということです。そうであるなら、水が漏れている箇所だけを修理しても、遅かれ早かれ再発するのは目に見えています。根本的に解決したいなら、配管全体をきれいな状態にするしかありません。そのうえで漏れの生じている部分を修理するのが正しい流れとなります。

しかし、素人が行える配管内の掃除の方法は限られています。ワイヤーの先端にブラシがついた清掃道具が売られているので、それを排水口から挿し込んで擦ってみましょう。この方法では排水口から離れた部分はきれいにできないので、破損個所に耐水テープを貼るなどして配管クリーナーも使用すると良いです。配管の分解はハードルが高いので、上記の方法で解決しない場合は専門家に任せるのが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*